高校生に贈る 海外でのチャレンジの楽しさ /短期語学学校編

ブログにアクセスいただき有難うございます。
今日は、高校生からの問い合わせが多くなってきているので、今のモチベーションの継続方法のひとつをお伝えしたいと思います。

 

 

短期語学留学のススメ

もし今まで海外にでたことがなく、中学受験英語や高校英語を学んでいるだけ、という方には是非、一度、春休みや夏休みに短期で、オーストラリアやイギリスで語学学校に通っていただくことはお勧めです。

 

英語は本来はコミュニケーションツールであり、
リアルに使える楽しい学びということを知れるチャンスとなります。


また英単語は自分の口からコミュニケーションのために発することで頭からなかなか忘れないレベルにまで落とし込むことができるようになります。

 

 英語は勉強の中でも本当は一番最高に面白い、それが体感できると勉強に対しての忍耐力やどうしたら実際吸収できるか、最高のモチベーションを
維持する方法を自分の中でも確立できるようになるきっかけになります。

 

 

私自身、高校1年の3学期の終わりの春休みにはじめて3週間、イギリスのブリストルで語学学校とホームステイをしたのが最初の語学留学でした。そしてこの高校1年の語学学校は人生で初めてというくらいの衝撃的に楽しい思いを味わえました。

 

 

フランス人、イタリア人、スイス人、トルコ人など世界中から集まっていた18歳以上のクラスメートとすぐに英語でコミュニケーションが取れて仲良くなったこと、また日本人の大学生と同じクラスに入ったことも小さな自信になりました。全員完璧ではない英語だからこそ、ミスも関係ない、という安心感もあり、つたない英語でも笑いあえたりすることができます。放課後や週末にも学校主催のイベントが色々あり仲良くなれるきっかけ作りが用意されていました。

 

 

 お昼休みや放課後に積極的に話してみると、まだ16歳だった自分に皆がやさしく話してくれたり、ともに行動を取ってくれる、こんなに優しさに溢れている世界で、コミュニケーションし、遊ぶことがそのまま英語の勉強にもなる、そんな楽しい『勉強』があってもいいのかと衝撃を受けて、もっともっと勉強して、もっと世界に友達をつくりたいという気持ちになりました。イタリア人がおごってくれた人生初のカプチーノ、やや苦く美味しいとは思えなかったですがはじめてオトナの一員になれたような気がしました。

 


その環境が用意されているのが語学学校なんですね。世界中から短期、長期で英語を学びに一人で国を飛び出してくる方達が集まってともに学ぶ環境、同じ目的の学生と学ぶことができる世界がそこにあります。

 

私の場合、高校2年の夏休みにまた語学学校にいくことを目標に高校2年の1学期目から4か月を徹底的に高校英語のカリキュラムに基づき、独学でもどんどん授業の先や受験の単語集などで取り組んでみました。


何しろ英語ができればより積極的になれるし、友達の輪も広がることが経験できたので、必死で頑張り、そして高校2年の夏、また同じブリストルの語学学校に7週間を通いました。

 

クラスはUpperIntermediateへ、初日のテストで中上級レベルと判断をされて、圧倒的に自分よりレベルの高いヨーロピアンの学生と学ぶことで再開したクラスの教材では文法はほぼ既に勉強したこと、また日本の受験と現場では多少異なる説明などはクラスで積極的に質問をすること、でより深く落とし込むことができました。

 

目標は新しい単語や熟語を徹底的に使えるレベルにまで落とし込むこと、毎日単語帳には重複してでも50以上を記載し、7週間では1000語以上は使える実践で使えるレベルにまで落とし込むことに
成功しました。

 

高校で出てくる単語は本当に日常でも、また語学学校でも頻繁にでてきます。また上級レベルのクラスにいっても、高校文法でほぼカバーされているので、一般英語コースは受験勉強をしている学生ならば、内容的にはそこまで難しいものではなく、むしろ、ヨーロッパ人の英語ができるように聞こえるクラスメート達のほうが間違えが多い、
ということにも気づけます。

 

私はもともと引っ込み思案で人と話す際に
自信が持てなかったのですが、英語をマスターする、という目的や世界の人と交流して楽しい、という体験やまた日本の大学生達も一緒に遊んでくれるという『最高に楽しい』という感覚と、学んだ単語が現場から耳に入る、そして自身がその場に合わせて実際に使い、『アウトプットをする』、という作業を行えたことで、『脳内革命』的な感覚を味わうことができました。


この夏を境に、自分の性格は明確に変わり、人とのコミュニケーションが楽しい、と感じるようになり人の目を見て自信をもって話せる、周囲が驚くほど、明るくなっていました。

 

時間配分を変えること。住む場所を変えること。そして付き合う人を変える、

上記3つは自分を変える最も簡単な手法として大前研一氏が挙げていますが、それらをすべて同時に行えるのが留学です。若ければ若いほどそれが短期であったとしても大きな変化をもたらされます。



自分の中で英語が思うように伸びて楽しい世界がどんどん広がる、自分の存在を暖かく受け入れてくれる世界の存在とまた自身の中で『楽しく英語を使って遊べること』、


それは自身がこの世に存在していていいと
心から感じられる経験となります。

 

 

 

深く英語を落とし込みをするには『使って楽しい』、これほど効果的な学習手法はないと思います。


その感覚を味わえる簡単な方法は語学学校で、短期であったとしても留学をしてしまうことです。親元から離れてチャレンジするという経験もまた新鮮ですね^^

 

私は高校の時のこの経験があったからこそ、海外で活躍する人間になりたい、という夢をあきらめずに、エンジニアの世界を飛び出して現在、オーストラリアに住みながら、会社を設立し、日本、オーストラリア、世界から留学を考えたいという人と繋がっていく最高に面白い仕事にたどり着きました。

 

原点はやはり高校の時に経験した語学留学が起点です。今、高校生の貴方は日々の受験勉強やスポーツなどにも忙しいかもしれません。ただ短期であったとしても自分のビジョンやまた英語に対する意識が変わるとしたらそれは一生の財産になります。

 

この記事を読んでいただいている方の中でご両親がいらっしゃったら、是非、短期の語学留学を経験させてあげることができるなら、是非応援ください。


目標をもし失って自分の存在意義がなんなのか、わからない、この先のことをどうしたらいいのか決められない、なんて悩んでいる方がいたら、
いろいろな悩みも短期語学留学で世界につながるような楽しい経験をしてみること、
それですべてが吹っ飛ぶかもしれません。

オーストラリアを視野に入れられる方は私達にご連絡いただければ貴重な体験ができるようプランを無料でサポートをさせていただきます。

 

いつでもお気軽にご連絡ください^^

 

廣瀬 淳

ICNオーストラリア留学情報館代表

http://www.johokan.jp/

www.johokan.jp

 

 

 

 

 

オーストラリア・シドニー 貯金を減らさない留学術

ブログにアクセスいただき有難うございます。
オーストラリア留学は様々な目的別留学プランがあります。
本日のテーマは、超低価格留学、貯金を減らさない留学術をテーマに
費用をセーブするための情報をお伝えいたします。

 


『留学は夢』、ただ、費用がないので、あきらめている、
という方も多くいらっしゃると思いますが、、、

 

意外にえっ、こんな安いの?

 

 ということで動かれる方もいらっしゃるかと思いますので、
徹底的に費用を抑えて海外留学経験を味わってみたいっ
という方に届けてみたいと思います。

 

 

『留学』と『海外滞在経験』というのは別となります。
もし海外滞在経験をしたいっと思われる30歳以下の方は
ワーキングホリデーというビザは、1年間有効で仕事もできる(同一雇用主の元6か月)、学校行ける(4か月まで)、旅行でもぼうっとしていてもOK, 
というとんでもなく自由度の高いビザを利用できます。

 

とりあえず、ワーホリでお金を貯めて、その後に学生ビザに現地で切り替えるということができます。よって究極にお金がない方は片道切符で、まずオーストラリアに来てしまうのが手っ取り早いです。

 

お金がなくば仕事せざるをえないですが、シドニーは仕事の求人が本当に多いので
到着してから1週以内でも本気で探せば仕事は簡単に見つかります。

 

しかも最低時給は17.70ドル~(1470円)、
と日本よりは非常に良い給料体系となっておりますね。
今回のテーマは『留学』なので学生ビザでの留学に特化します。

 

どれくらい安い?専門学校での留学の場合


 オーストラリアで費用をセーブした留学の代表は専門学校留学。
先にお伝えしますと、月平均授業料最安で3.3万円〜4.5万円(1豪ドル83円換算)
コースは0.5年〜3年程度の間で選ぶことができます。
分割お支払いが可能で主流は3ヶ月毎ですが学校によって月毎や6週間毎の
選択肢もあります。分割お支払いで費用がエクストラで発生することは
通常はありません。

 

意外に安いですよね?

 

上記の月平均3.3万円~の学校は専門学校で
英語で専門的なことを学ぶ留学となりますが、
専攻はビジネス、マーケティング、人事、会計、
トラベル、ホスピタリティ、IT、は数多くの専門学校が
留学生受け入れ登録をしており、
費用も価格競争にて非常に安くなっています。

 

日本人で専門学校に行くっというのはまだ少数派なため、
日本人にはスペシャルで非常に安い価格が
オファーされています。


たとえば2017年6月4日現在、日本人スペシャルのキャンペーンの中で、
最もお安いプランは、Diploma of Business 6か月コースを特別価格で授業料3000ドル、
さらに英語コース10週無料プレゼント、
というのを提供している語学学校+専門学校(同一経営の学校)があります。

 


『2.5か月英語IELTS対策コース(無料)』



『ホリデー1か月~2か月』



『Diploma of Business 6か月コース』

(3000ドル+入学金200ドル)


最初・最後のビザのホリデーを含めて、
VISAの期間は約1年となりますが、学費総計は3200ドル(26万5600円)、
月平均(12分割)ではなんと22133(1豪ドル83円換算)という価格となります。

また月5万円~6万円程度など費用を多少あげていけば保育士、介護士、またマッサージ資格やフィットネス(3カ月1650ドル、月平均4万5650円)
などもコースで日本でも応用できるような資格コースも受講することも可能です。


英語コースでも格安留学が可能


語学留学の費用セーブ方法は2つあります。
ひとつはEveningと呼ばれる時間帯で就学すること、
多くの学校で17時前後~21時もしくは21時半まで週20時間のカリキュラムがあり、
この時間帯は費用が激安となることが多いです。質も多少落ちることがあるので
妥協は必要であったり、英語力が高い方には選び方は非常に注意が必要です。
また通常の朝・お昼の時間帯でも週160ドル(月約5万3120円)~という学校も存在しています。

 

また、もうひとつが、専門学校登録されている、準中級レベルの方が入学できる

CIII in Spoken and Written English 
CIV in Spoken and Written English

というコースは通常24週構成でオファーされており、
費用は半年3000ドル(週125ドル)~3500ドルとなっています。
通常の語学学校は週4日もしくは5日、20時間で出席80%以上を保つことが
学生ビザの条件となっておりますが、上記のコースは専門学校登録となり、
課題を提出することで出席は甘い管理の学校が多いので週1-2日しか通わない方も
実情多いようです。


 

オーストラリアはバイトしながら留学ができる

学生ビザでは学生ビザ申請をしたコースのスタート後、
2週で40時間、また学期間の休みの間やクリスマス休暇(5-8週間など)
学校がホリデーの期間は無制限に就労が許されています。
また学費は多くの場合、3カ月毎など(学校によって月毎)分割お支払いが可能です。

よってやりようによっては収入をすぐにあげていけば、初期費用はでますが、それでも

『貯金を減らさない留学』

を実現させることができるのもオーストラリア専門留学です。

 


オーストラリアのバイト収入に関して

 

たとえばRetail Shopのアシスタントとして
21歳以上の方が仕事をする際、

州規定の最低時給レートは2017年6月現在、19.44ドルとなります。
また時間外のオーバータイムや週末、日曜日、祝日のレートは
『Penalty Rate(ペナルティーレート)』、と呼ばれますが、
そのレートは政府Fair workの情報によると以下のようになります。

 

Common penalties for your award

 

土曜日 - 通常の時間帯

$24.30 per hour 

日曜日 -通常の時間帯

$38.88 per hour 

祝日

$48.60 per hour 

オーバータイム - 月~土曜日、最初の3時間

$29.16 per hour 

オーバータイム - 月~土曜日、最初の3時間以降

$38.88 per hour 


平日の時給は19.44ドル、夕方18時以降や週末は29.4ドル
このラインまでいきますと一部もしくはほぼ全額の学費も賄えるようになります。

 
例1)平日2日12時間(28ドル)、土曜8時間(194.4ドル)仕事をした場合

1週間で427.68ドル(3万5500円)の収入

 

例2)平日4時間(77.76ドル)、土曜日8時間(199.40ドル)、日曜日8時間(311ドル)

    1週間588.16ドル(4万8817円)となります。

 

税に関して

 

オーストラリアでは学生ビザはワーキングホリデービザと異なり、

オーストラリア人と同等の税レートと好待遇のため、

年間18200ドル(7月1日〜翌年6月30日 週350ドルまで)

までは所得税がゼロとなります。18201ドル目以降は19%、さらなる詳細は以下をご参照ください。

 

Tax rates 2016–17

The following rates for 2016–17 apply from 1 July 2016.

Taxable income

Tax on this income

0 – $18,200

Nil

$18,201 – $37,000

19c for each $1 over $18,200

$37,001 – $87,000

$3,572 plus 32.5c for each $1 over $37,000

$87,001 – $180,000

$19,822 plus 37c for each $1 over $87,000

$180,001 and over

$54,232 plus 45c for each $1 over $180,000

(オーストラリア税務局ATO:https://www.ato.gov.au/rates/individual-income-tax-rates/ 毎年7月1日に更新されます)

 

たとえば週500ドル場合は年間収入26000ドルとなり、
1482ドルは税として納めることになりますが、もし仕事上での
経費などがある場合はこの1482ドルから差し引くことが可能となるため、
特に個人事業主として活動をする場合は
節税方法はいろいろあります。詳細は会計士にご相談ください。

 

シドニーでは学生ビザで5年以上滞在されている方達も実際多くいるのも、
この収入の高さが実際に可能にさせています。

 

初期費用に関して

 

多くの学校は3カ月毎の分割お支払い(中には月や6週間毎もOK)
でお支払いしていただけます。初期費用はプランにより様々ですが
たとえば、英語が中級レベルで語学コースが必要ない方で1年コースをお申込み
の場合、


①学生ビザ代550.94ドル(ビザかマスターカード決済の場合)
※2017年7月1日より565.48ドル

②学費の頭金
例1)最も安いビジネスコース6週間授業料 650ドル、入学金キャンペーンで無料
例 2 )平均的なビジネスコース3カ月授業料1500ドル、入学金200ドル

③政府指定の学生健康保険 全期間前支払い 1年2か月549.90ドル(最も安保険会社)


例1)合計1755.84ドル 14万57340円

例2)合計2805.84ドル 23万2884円


上記に航空券や最初の滞在費が発生します。

意外に安いのは健康保険です。学生ビザ保持者のための学割レート
となっています。日本の傷害保険は20万円以上は
かかります。それとは内容は異なりますが、
健康に何かあった時だけサポートが
あればよいという場合はこの保険で十分でしょう。

 

最初の滞在はシドニーでは
例えば3人部屋の学生寮では週145ドルから
で滞在可能です。月約5万円でヨーロッパなどの学生と
共同生活となります。

 

時給18ドルで週20時間就労したとして週360ドル、
これで生活費は完全に賄うことが可能です。
週末の時給は高額となりますし、技術のある方などは
週500ドル以上稼いでいる方も多くおります。
このラインまでいきますと学費も賄えるようになります。
もし日本でブロガーやユーチューバーなどの
お仕事をされていたら、別途収入ラインを確保できるでしょう。

 

どういう人にお薦め?

 

最もお安い専門学校は、
別称ビザ取り学校と呼ばれる学校もありますが、
しっかり目に学びながら資格を取得する、
というタイプもあります。選び方にもよりけりですが、
特に、ビジネス、IT,ツアリズムなど価格競い合いの一番お安いタイプの
カレッジはいかに楽に学校を修了できるか、
という点を売りにしているところもあります。


仕事の経験を重視したい、という方には
同じビジョンの方が多くいる格安専門学校のビジネスコースは
もってこいかもしれません。


諸外国、アジア諸国、また南米や東ヨーロッパ、最近では失業率の高い西ヨーロッパ
の方は仕事に比重を置いている方が高くなってきています。特にヨーロッパの方は
費用が安くてもそれなりに学びたい、という希望の方も多いです。タイ人や韓国人は
いかに楽できるか、という点を重視している方の比率が高いため、学校を選ぶときの
国籍バランスでも学校のスタイルが見えます。

 

学校の負担を少なくして仕事などの他の活動をしたい、
という方には非常に有効性の高い留学方法といえます。

 

 

入学条件は?

 

専門学校に入学するためには通常は高卒以上、また
通常少なくとも中級以上の英語力が必要となります。高校卒業していなくとも
21歳以上であればMatured Aged という枠で入学できる専門学校も多いです。
最近では英語がもし準中級レベルでしたら、専門登録の英語コースがありますので
そちらからスタートいただくことができます。

 

 まとめ

 

そもそも何のために学ぶかというと
学生ビザでの就学に関しては、
先、自身の就職や自立した経済維持というのが
主の目的となると思います。

 

現場で学ぶことが最も実用的になりますので、
海外で経験を積めることは学校以上に
価値ある経験となると思います。

 

 

2020年までには世の中の50%以上の仕事スタイルは起業、社会起業家や個人事業主
など会社に属しないワークスタイルとなると予測されており、
また現在、50%の学生はこれから消えていく仕事のための
教育を受けているといわれています。

 

日本では組織に属する生き方をされている方が非常に多く、
組織が大きければ大きいほど、ビジネスの仕組みというのが見えにくくなる、
よって組織の外にでたときに、『どこにいても収益を上げる能力』、というのが
かけているため、仕事を失うことに恐怖を感じたり、また
そのため、自殺をする方も非常に多いという現実もあります。


一度、全てのしがらみを捨てて、リセットし、これからの時代に
必要な能力を身に着けることができるのが留学です。

  

社会は全てビジネスの仕組みがあり、個人、小さな組織、大きな組織、
政府までもお金を中心に動いているという世の中の事実があります。
資格を身に着けながら、収益を上げることができるルートをより確保したり、
また収益の上げ方は雇用されるだけではなく他、様々な手法がある、

 

またこれからの時代、ビジネスの仕組みさえ作れれば、好きなことを
やって生きていける時代に私達は既にいます。好きではなくとも自身の存在で
社会に貢献できる方法をもし2つ以上でも確立ができるなら、老後の心配や
会社でひどい状況、でも収入がないといきていけない、という絶望的な
環境を打破することができるようになります。

寿命が100年が当たり前の時代になっていく今後は
今、日本政府が考えている老後プランなどは全く宛てに
することができない状況になっていきます。一度立ち止まって
これからの人生設計を考え直すべきは若いうちのほうが
よりスムーズに行えると思います。


忙しい日常の仕事の中で、深く考えられない状況が続いている方も
多いのではないでしょうか?

 

私は社会人3年後に留学で人生の時を2年強ストップさせました。
その最も大きかった価値は自身の人生プランを全てリセットし、
生き方を自分の面白い、先にずっと続けたい、と思えるものに
切り替えができたことだと思います。
 

海外に留学に出る、というのは全ての社会とのしがらみを一度、
遮断し、自身の信じる方向性に向けて歩く決断をし、目標設定をして、
多くのことを模索し、振り返りながら、軌道修正していく、
という人生上のPDCAを行うワクワクした冒険です。

 

学びながら海外で一人でも生きていけるか、ということを
シュミレートをしてみることも留学中にトライしていただくことで、
この先に世界のどこでも生き抜ける能力を身に着けることができる
ようになるチャンスがあります。



ICNでは図書システムがあり、最新ビジネス書、自己啓発本、
人生を豊かにするための本、キャリアに関する様々な本(+人気の漫画など)、
毎月日本から取り寄せ続けていますので、
新刊で日本で発売されたばかりの本がシドニーで読めたりもします。
それらに留学しながら全て読破いただける無料サポートもご提供可能です^^

  

私は日本では元エンジニアでしたが、
おぼろげにビジネスは興味ある、という程度でどうしたら、
ビジネスをどのように回せるのかというのは本当にまったく知りませんでした。

 

私の場合は、ひょんなことから、
スモールビジネスを経験できるチャンスに遭遇でき、
なるほどビジネスとはこういう仕組みで回せるのか、
ということが理解でき、そして仕組みがうまく作れるなら、
どこでもやっていけるという気づけましたが大学院の授業のみ
では得られなかった気づきでした。



卒業後に出逢えた『7つの習慣』という本に感動・衝撃を受け、
人生でどのようなことを軸とすべきかをしっかりと固め、
冒険的な人生を歩む決意と勇気を得ることができました。

 

 

起業するまでのマインドセットには人からの影響と、
良い本との出会いがどれほど役立ったか、
言葉では説明がつきませんので是非、
ワクワクを追求する留学経験をお考えになりたい方には是非、
ICN推奨本を読破いただければと思います^^

 

 

最初はできる仕事は限られるかもしれないので、
まず固定で収益を上げる手法は普通のバイトかもしれないですが、
アイデア次第で様々なことにチャレンジできるのがシドニーです。

 

 

個人事業主、起業も実は学生VISAでもできるため、
シドニーで成功をおさめた方達もこのタイプの学校で
自身のビジネスを成功させている方も多くいます。

 

 

通常の正規留学のように学校のブランドに
すべてに頼って資格を将来日本の企業にアピールをされたい、
ということであれば、

 

いくつかの学校に関しては私は全力で止めますが(笑)
自身の能力で道を開きたい、そういう方はやりようによって応用できますし、
意外にテキスト内容が非常に実践的で面白いです。

 

 また実習がこまれている資格ベースのコースは費用がお安めでも
しっかり学ぶことができます(学校の選び方次第です)。

 

安い学校の中でもその中で質の差、プログラム構成の差、
またクレームが多い学校などありますので、費用がお安めの私立校に
進学をする際にはシドニーの現場を熟知している私達に
ご相談いただくのが安全です。


また、学位留学(大学や大学院)を考える方にも
この手のお安い学校でDiplomaを取得しますと、
大学によって3年間の授業のうち、1年が免除授業料も残り2年分となりますので、
大学卒までに6万ドル、7万ドルかかるところが、
格安校経由で4万ドル以内に収めることができる可能性もあります。


質の問題はややありますので、
妥協すべきポイントはありますが、
2万ドルの費用セーブなどになることで、
実現できない留学プランが

実現できるのであれば価値ある選択であったということになります。

 

私はシドニーで約14年、留学・ビザコンサルタントとして
4000人以上の方とお話をさせていただいております。
学校の問題点もまた良い点も成功事例も失敗事例も
たくさんの方とシェアさせていただいております。



また費用をどうしてもセーブしないといけない、ですが大卒の資格を目指したい、
という相談も多く受けております。


もし、今、費用のことで悩んでいることがあれば一度是非ご相談いただければ、
何かアイデアをご提案できるやもしれません。 
是非お気軽にお問合せをください^^(jun_hirose@johokan.jp)